2017年3月31日 (金)

虐楽歌集-桜花

まだ寒き息おさえ痛みを食むこと知る 櫻花咲く幼きできごと
 
 
 
 
A girl is given a severe scolding between the winter and the spring.
I die! I die!
When a cherry tree blooms, an abnormal lust grows up.
 
 
 
 
 
Tumblr_nce2byu1g41txw5szo1_1280

2017年2月23日 (木)

虐楽歌集-オリーブオイル

あいしかた
 
おしえてあげる ぼくの手で
 
オリーブが滲みる肌
 
しぼるようなね
 
 
 
I will show you how to fold. Skin that olive oil has blurred, it is a way to squeeze it.
 
 
 
Tumblr_mzz0fwgagw1r60h5mo1_500

2017年2月15日 (水)

虐楽歌集-夕闇

背徳の楽しみというのは、過ぎ去った快楽と待ち受ける快楽の狭間にあるに違いない-アルカン
 
 
またひとつ 
 
肌が熱病を知り
 
繋ぐ指が
 
歌う冬の街燈
 
 
 
 
Lovers enjoyed the affair. Which was a cruel breakthrough. Even though it is over, my body is hot. I am holding hands.
 
 
 
 
 
Tumblr_my2us5e2na1qjehcpo1_500

2017年2月 9日 (木)

虐楽歌集-冬の床

なにものか差し込まれて弾けるプシュケー愛しき硬き床にて
 
 
 
 
 
 
The girl has a hard rod inserted in a beautiful genitalia. It is very painful. I'm panting on the floor.
 
 
 
 
Tumblr_nz0hg9ckt51qzsuoro1_500

2017年1月17日 (火)

虐楽歌集-微光

 
-冬の緩い光がレースのカーテンより白き肌を射して、恥じらいを増幅する-
 
 
カーテンより洩れる光で流れぬやう掴む手首細くて痛し
 
 
 
 
The winter sunlight is reflective in girl's surface. Beautiful. A girl is grasping my arm so as not to be poured into a pleasure.
 
 
 Tumblr_ofpjv8rwkc1thfz9xo1_540

2016年12月24日 (土)

虐楽歌集-冬

 
ひと突きで往く言葉こいねがひ冬の細き陽射す床
 
 
 
A girl is waiting. A word of the best humiliation. Yes, please say early! Please say early!
The winter sunlight lights up skin.
 
 
 
 
Tumblr_ogcbmmcjkl1u3wqcao1_1280

2016年12月14日 (水)

虐楽歌集-花の名

 
知りもせぬ乳房ゆがみし倒錯に名もなき花となる少女
 
A girl was tied by a first rope. A breast has been lost. I think pitifully.
 
 
 
D10f8562c8e8305a2c64885d6d41fcbd

2016年12月 8日 (木)

虐楽歌集-冬

その日は、ふだんの聖なる日に過ぎなかった。その肌がそれを知るまでは。 - 紅いヴィクトリア
 
聖なる日
 
生贄のように
 
泣きつくす
 
しなやかな鞭音
 
午後一時十三分
 
 
 
I'm waiting for beautiful Christmas Eve.
A girlhood is encouraged. Pitiful.
 
 
 
 
 
 
 
Tumblr_nzvva93bnx1rsbo1mo1_540

2016年12月 4日 (日)

虐楽歌集-不可思議

みえぬもの
 
みているのだね
 
紅き瞳が
 
痙攣に濡れし鞭の嗤う
 
 
 
 
 
 
 
A girl is so happy that she faints away. A rod drives a girl mad.
 
 
 
 
Tumblr_o3hb1pbjp21qgb3euo2_540
 

2016年11月26日 (土)

虐楽歌集-小さき魚

いっぱいの蝋痕は 誰の匂い
 
なのにね
 
なのに 
 
肌の裏で
 
小魚くすぐる
 
There are a lot of scars of a candle. For whom is this? But I can't suppress sexual excitement. It can be blamed in a fry under the skin.
 
 
 
 
 
 
 Tumblr_mtncm12f1d1sxw3v1o1_500
 
 
 
さらに深き森へ  -ツキノヨルニ-
 

«月、汽車、女 - デルヴォー 

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ