« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月29日 (水)

破裂にむかう宇宙-清原啓子

清原啓子 1955-1987 版画家
 
はじめて本物をみたときは、ただ立ち尽くしたのみ。
 
線を追う、線を追う視線。
 
あふれんばかりの線で四角い宇宙は、やがて破裂に向かうのではないかと思われた。
30余年の生、作品は30枚ほどばかり。
この宇宙の永遠を祈るのみ。
 
 
Exb62_pic03l
 
 
「孤島」1987

2016年6月26日 (日)

若さゆえか-池田満寿夫

池田満寿夫 1934-1997 銅版画家
いつの頃か、ともかく池田は好きでなかった。
いやらしくて、節操がないポップな性を強要してくる。
赤と黒と白、昔のえげつない店のポスターみたいに。
 
おそらく、これは嫉妬だったに違いない。
若さゆえに余りある欲望が嫉妬していた。
美しかったのだ。
だからこそ遠ざけていた。
 
 
 
 
「彼女の会話」
 
2
 
 

2016年6月25日 (土)

虐楽歌集-夏雨

夏雨のはづかしくもくちびるに ことばにならぬ言葉を垂る
 
 
 
 
A girl is a masochist. Slaver and an embarrassed word spout from a lip by a pleasure. Rain in summer is the day which falls.
 
 
 
 
 
Tumblr_nesrh03eu01raczyzo1_1280

2016年6月18日 (土)

虐楽歌集-うけづき

ながれても

ながれてもまだ

しどとなり

受月泣いて

許し乞うのか

 

 

Girl's secretion overflows a dish. She cries. Please permit.

 

 

 

Tumblr_nt21fxbnic1qb8izzo1_500


受月(うけづき)-上弦の月

 

虐楽歌集-紫陽花

 

紫陽花の

朱に染まる丘の上から 

やさしき指を

わたしに刺して

 

 

Mons pubis dyed in a flower of a hydrangea. A finger  Please stick the finger into my sexual organ. Please.

 

Tumblr_nc7qunjynb1tokdxco1_500


2016年6月11日 (土)

虐楽歌集-泡

はつ夏の通り雨 硬き鞭に泡立つ海になっていく

 

 

Early summer rain is friendly. But, whip cold, painful. Oh, and yet, my genitals is now a sea of frothy.

 

 

 

 

Tumblr_n6lc4of7yw1rubwdfo1_500


2016年6月 9日 (木)

虐楽歌集-終わらない日

果てがなくて果てなくて ちいさいつまさき の つぼむひらく

 

 

 

A girl enjoys a boundless sexual pleasure. A tip of the toe makes them close, and it's opened.

 

 

 

Tumblr_m6v67d4ive1rv13xdo1_500

 

2016年6月 4日 (土)

虐楽歌集-細腰

柘榴の種子の硬きに 

触れて

鈴の音のごとく 

をんなが

細腰よじる

 

 

 

The clitoris which becomes stiff like nuts is fingered. A girl was happy and twisted a body.

Chihhh4wiaaak_mf


« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ